卓球のことならココ!

卓球のラケットやラバーを紹介するサイトです。

卓球界最強をひた走るテナジー05をご紹介!

みなさん、テナジー05というラバーをご存知でしょうか?

 

おそらく卓球を数年やってこのラバーを知らない人はいないでしょう。というよりも、嫌でも耳にしてしまう名前です。

バタフライHPより引用

 

 

 

テナジー05とは?

卓球メーカーのトップをひた走る「バタフライ」というメーカーの大人気ラバーです。数年前まではほとんどの世代の選手が使用していました。トップ選手、アマチュア関係なくです。

 

管理人が中学生の時は、対戦相手のほとんどがこのラバーを使用していました。

 

現在は、中国人などの爆買い対策のため値段が跳ね上がってしまい、ピーク時ほど使用している選手は少なくなりました。それでも「テナジー愛」はなかなか冷めず、日本に止まらず世界のトップ選手が未だにこのラバーを使用しています。

 

それほど支持され続けているラバーです。

 

 

テナジー05の特筆すべき性能とは?

「スプリング スポンジ」と「ハイテンション技術」が生む独特の打球感を有すラバー。多くの選手による試打と機械測定から「回転性能が高い」と評価された“開発コードNo.05”のツブ形状を採用し、強烈な回転をかけることができます。ハイテンション ラバーと高粘着ラバーが融合したかのように、回転主体のプレーに非常に高い性能を発揮します。

バタフライのホームページではこのように書かれてあります。とにかく回転性能の高いラバーです。

 

もちろん卓球を始めたばかりの人が使っても回転がかかるのかと言われてしまえば保証はできませんが、ある程度力の使い方がわかってきた人ならば、強烈な回転に酔いしれることでしょう。トップ選手の繊細なボールタッチ、もしくはスイングスピードがあれば、圧倒的な回転量を生み出すことも可能です。

 

 

例えばヨーロッパの帝王ことティモボル選手。この選手は昔から自分のモデルラケットと両面テナジー05で戦ってきました。

 

 

この試合動画を見ると、ティモボル選手のプレーがテナジー05によって支えられていることがわかります。

このアングルからだとボールの動きが見えてわかりやすいです。

 

ティモボル選手のループドライブの沈み具合はえぐいという言葉では表現しきれないほどです。そして、スピードも早いです。

バタフライのホームページを見ると、スピードが13でスピンが11.5となっています。なので、回転性能が高いと言われていますが、実はスピード系のラバーなのです。

よって、回転もかけやすくスピードも出せるという、まさに万能ラバーなわけです。ティモボル選手が長く両面で使い続ける理由がわかります。

 

テナジー05の一番の武器

それはカウンターです。

 

テナジー05を使用する選手は、皆鋭いカウンターを放ちます。

ティモボル選手に続いて、日本の松平健太・丹羽孝希(今はVICTAS)・吉村真晴など、有名な選手が多いです。

 

テナジー05から放たれるカウンターは、中国選手に勝つ一番の技術と言っても過言ではありません。

 

これは女子の方にも言えることで、今年大躍進した平野美宇選手もフォア面にこのテナジー05を使用しています。バック面のラバーは色々試しているみたいですが、フォア面はこのラバーで固定しています。平野美宇選手は、ブッロクばかりではなく攻撃的なカウンターを身に付けることで中国選手に勝てたということでした。やはりここでもテナジー05のカウンター性能が一役買っているということですね。

 

 

どの戦型にもお勧めできる

オールラウンダーなラバーのため、使う選手の戦型を選びません。

 

超攻撃型の選手しかり、カットマンもOK、前陣速攻型でもOK、はたまたペン粒の選手がバック面に貼っても優秀な性能を発揮することでしょう。

 

 

 

テナジー05のデメリット

さてここまで良いところばかりを説明して来ましたが、悪いところも書いておきましょう。

 

重い

特厚などを貼るのであれば、それなりの重量を覚悟した方がいいでです。このテナジーシリーズを支えるスプリングスポンジは、スポンジがつまっているため重くなってしまうのです。

 

テナジーを貼り、ラケット全体の重量が重くなれば、もちろんパワーがなければスイングスピードは落ちてしまいます。ここが「このラバーを貼れば勝てる!」と思い上がった中学生への天罰でした。中学生はまだまだパワーがないため、このラバーをうまく扱えず、宝の持ち腐れになってしまうことが多かったのです。

しかも、このラバーは先述した通り、スピード系のラバーであるため、ボールの飛び出しが非常に早いのです。なので、相当なスイングスピードがなければ、回転がかかる前に飛んでいってしまうのです。

 

 

寿命が短い

これはテナジーシリーズ全般に言えることで、他のラバーと比べると若干寿命が短い気がします。毎日練習する高校生であれば、1ヶ月くらいで粒が浮いてくるのではないでしょうか。

元の価格が6000円ちょいで、今は8000円もします。これも1ヶ月に1度出費するのはなかなか痛いですよね笑

 

だからこそ「ポストテナジー」という言葉が生まれたわけですが。

「テナジーの代わりになるラバーを探そう」っていう意味です。

卓球王国さんでも特集してましたね。

 

 

新しい武器としてテナジー05はどうでしょうか?

本物を使いたいと思ったことはありませんか?

「これ自分には合わないなぁ」と何度ラバーを試しましたか?

 

そんな人はもう本物を使ってしまえばいいのです。それを使いこなすことができれば、もう他のラバーを買って試さなくてもよくなります。テナジー05は本物です。世界の多くのトップ選手が認めた、卓球ラバーの中の本物を呼べるラバーです。

 

確かに価格はネックですが、テナジー05を使うという満足感と比べてみてはどうでしょう?全ての技術をこなすことができるこのラバーの性能を上回るラバーはいまだに存在しません。もう3000、4000円のラバーを試してはやめ試してやめを繰り返さなくてもよくなります。

 

それを考えたら8000円という価格もありではないでしょうか?

 

あなたのニューギアにテナジー05をおすすめします。

 

 

今なら8000円が7000円で買えちゃいます↓